<< 11/3 晴れ | main | 11/8 晴れ >>
11/6 晴れ
0

    今冬シーズンは

    こちらのチョコレートを並べます。

     

    上質かつ個性的なカカオがとれる

    アフリカ南東部の島国・マダガスカル。

    マダガスカルカカオ100%にこだわったチョコレートを

    70年以上作り続けている「ロベール社」の

    【chocolat MADAGASCAR】

    (ショコラ マダガスカル)

    4種類並んでいます。

    それぞれの商品のご紹介の前に

    このチョコレートの展開を決めた理由を2点ほど。

    長くなりますが、ご一読ください。

    (仕入れ元より画像と文章の転載、

     資料の掲載許可をいただきました)

     

    「フェアトレード」より一歩先へ

    【レイズトレード】

    主にフェアトレードチョコレートの一般的な利益は

    製品の3〜5%のみにとどまると言われています。

    ロベール社は加工から商品化までの全ての工程を行うため

    マダガスカル国内に利益が100%落ちます。

    "アフリカの島国から世界トップレベルの製品を生産・輸出し、

    相応の利益を得て 生活向上や自然環境への保全につなげることを目的とする"

    これを「レイズトレード」=「Raise Trade」と呼ぶそうです。

     

    「Bean-to Bar」より一歩進んで

    【Tree-to-Bar】

    カカオ豆のセレクト・焙煎からチョコ製造まで一貫して行うことを

    「Bean-to-Bar」と呼びます。

    ロベール社は農薬を使わずに栽培したカカオの生産から管理しているので

    一歩進んだ「Tree-to-Bar」を行っています。

    また、ロベール社のチョコレートは

    フランスに拠点を置く国際的オーガニック製品の認証団体

    「ECOCERT(エコサート)」の

    BIO(オーガニック認証)を受けています。

     

    "原料生産地で最終製品まで製造するのは

    品質の観点からも フェアトレード的観点からも

    とても意義のあることです"

     

    私も同じように感じました。

    お話を伺った担当者さんによりますと

    マダガスカルカカオの特徴は

    「フルーティーな酸味と香り」とのこと。

    そんなソムリエ的舌感に自信がなくても大丈夫、

    美味しいものは美味しいです。

     

    種類が違っても価格は一緒です。

    温かい飲み物と一緒に味わったり

    ちょっとした贈りものとして。

     

    黒くて地味で硬派なパッケージに包まれたチョコレートを

    ぜひご賞味ください。

     

    ○ミルク系がお好きな方にオススメの2種類

    「甘い」というより「まろやか」という印象です。

    私は甘すぎるチョコが苦手ですが

    どちらも美味しいと感じました。

     

    ・ミルクチョコレート(カカオ50%)

     

    滑らかな口どけにカカオの風味、王道です。

     

    ・ミルクチョコレート with カシューナッツ

    (カカオ50%)

     

    カシューナッツは少しキャラメリゼしてあります。

    マダガスカル産・カシューナッツの香りはもちろん

    サクサクとしたナッツ感も楽しめます。

     

    ○ビター系がお好きな方にオススメの2種類

     

    ・ダークチョコレート(カカオ65%)

    カカオ分含有率65%+

    きび砂糖の優しい甘み

    マダガスカルカカオの香り高い酸味

    程よい苦味

    食べやすいビターチョコです。

     

    ・ダークチョコレート with カカオニブ

    (カカオ68%)

     

    カカオ好きの方にオススメしたい!

    カカオニブは 焙煎したカカオ豆を粗く挽いたものです。

    カリカリとした歯ごたえと風味、

    素直なカカオの味を楽しめます。

     

    現地で撮影された

    カカオのある風景。

     

     

     

     

     

    | お店の日々 | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.zakka-house.net/trackback/636
    トラックバック