<< 6/26 晴れ | main | 7/5 曇り >>
「+ laboratory 」(ラボラトリ)
0

    【houseからのお知らせ】

    定休日(水木金)を含めまして
    7/4(月)までお休みをいただいています。
    5(火)は通常営業の予定です。
    毎月第1土曜日に並ぶプフラさんのお菓子は
    9(土)へ変更して並べさせていただきます。
    よろしくお願いいたします。

     

    :::::::::::::::::::

     

    さて、タイトルの「+ laboratory」(ラボラトリ)とは

    お店でアクセサリーをお取り扱いさせていただいている

    ineff.labo.(イネフ・ラボ)さんが

    群馬県伊勢崎市ではじめられた

    アトリエショップの名前です。

    情報をまとめておきます。

     

    ・ineff.labo. / インスタグラム

    ・+laboratory / インスタグラム

    ・+laboratory / ホームページ

     

    群馬県伊勢崎市上之宮町322-1

    TEL:0270-75-3075

    土日月の13〜19時オープン

    (スケジュールはホームページに掲載されています)

     

    6/1より営業を始められて、早1ヶ月。

    6月初旬にショップへおじゃまして

    今回掲載している画像を撮らせていただきました。

    現在の店内風景・レイアウト・作品の在庫等は

    変わっていると思いますので

    その点はご了承ください。

    イネフさんが以前から集められていた古道具たちが

    作品たちと一緒に存在しています。

    小さなビーズを編み上げたイネフさんの作品は

    「繊細」という言葉がお客様から多く聞かれます。

     

    ラボラトリは、繊細とは正反対に思えるような

    鉄であったり 錆であったり 重厚感のあるものたちが

    集っている空間です。

    屋外でのテント出展では作れない

    天井・壁・床と作品のコラボレーション。

    イネフさんの「こう見せたい」を形にしたショップです。

    自分自身のお店ですもん、

    とことん突き詰めた提案型の方が

    ひとりのお客としても興味深いです。

     

    「ラボラトリ」のコンセプトは

    『大人の実験室』とのこと。

    イネフさんの作品以外に、

    群馬県外で制作活動されている方の作品が

    一緒に展示されています。

    ショップの前と横に

    駐車スペースがあります。

    すっかり長居して、19時の閉店時間まで。。

    暗くなった外に出ると、

    ライトのフレームによる影で

    「+」が照らし出されていました。

    ガラス窓の外側から目にとまった

    静寂とアクセサリー。

    思わず撮ってしまいました。

     

    イベント出店や出展等で

    埼玉でも遠方や都内に出向いた際に、

    自分の店のことだけでなく

    お取り扱い作家さんのことや

    ラボラトリさんのような作り手さんによるお店のことを話すと

    「面白いね〜」という反応をいただきます。

     

    面白いね、の前には

    「埼玉って」「群馬って」「地方って」等が付属します。

    距離で考えれば「地方」かもしれませんが

    私のまわりには

    「地方」という括り以上で物事を考えている人が多くいます。

    なんというか、もっとこう、

    「ここにいる自分が今 ここで出来ることとは」のような。

     

    穏やかな印象・佇まいながらも、

    刺激を与えてくれる 人・もの・お店から得られる意義。

     

    「与えてくれる」という表現は受動的ですが、

    その場に行く・その人に会いにいく という

    能動的行動の先にあるもの、でもあります。

     

    情報収集も商品購入も 画面越しで何でも出来る時代。

    それでもやっぱり私は アナログな行動が好きです。

    お時間ありましたら ぜひ足を運んで 五感で、

    お店や人や作品を楽しんでもらえたら嬉しいな と思います。

    | 作家さん(取扱い) | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.zakka-house.net/trackback/590
    トラックバック